グリーン歯科ブログ

2019.06.16更新

前回更新した、歯の問題の影響について
思い当たることがある方は、ホームページの噛み合わせのコリをほぐすページをご覧くださいとお伝えしたのですが、

虫歯などで、大きく歯を入れ変える時、
その歯が身体を支えていた場合、
つまり噛んだ時、唾液を飲んだ時、寝ている時等に、身体の安定する位置を決めていた歯だった場合、歯を治した時、体調の悪化が起こる事があります。
首回りの可動性は、歯の影響をとても受けてしまいます。
顎の動きを司っている筋肉に左右差が出来たり、
筋肉が付着している頭に、無理な圧がかかったり、
想像できる以上にいろいろな問題を引き起こします。
歯の問題が引き起こした問題は、
歯を治さなければ治りません。
噛み合わせの筋肉をマッサージをする事で、
自分の体調の改善に気づくことは大切です。
ホームページの中にある、
噛み合わせの筋肉のマッサージ、
試してみて下さい。

グリーン歯科医院
伊禮祐子

投稿者: グリーン歯科医院

グリーン歯科ブログ
患者さんの声
Facebook
side_tel.png