歯と全身の関連

噛み合わせが引き起こす主な全身症状

  • めまい・立ちくらみ等、脳血流の悪さから来る諸症状
  • 顎関節症
  • 不整脈、狭心症等の心臓病を起こすような筋緊張
  • 肩こり、手足のしびれ
  • 腰痛
  • 膝痛
  • 鼻炎、咽頭喉頭の問題
  • 難聴、耳鳴り
  • 金属アレルギー、アトピー
  • 自律神経失調症、睡眠時無呼吸症候群、慢性疲労
  • 不妊
  • メニエール病、シュエーグレン症候群、リウマチ等、原因不明の病気でお悩みの方。

歯が全身症状を引き起こす理由

肩こり・めまい・ヘルニア・自律神経失調症など、さまざまなからだの不調の原因は、実は一つではありません。例えば肩こりであっても、原因が筋肉にあったり内臓にあったり。そして歯の噛みしめや顎ズレのトラブルが原因である場合も多々あるのです。
噛みしめや顎ズレのトラブルは、はじめは乳歯列期からの食生活の傾向や体の使い方による顎の発育不良から起こる事が多いですが、それが原因で歯並びの不正を起こし、顎の発育の不良が自由な顎の動きを阻害する事から噛みしめが起こされ、その噛みしめから虫歯やさらなる顎ズレや体のズレを生じ不定愁訴を作ってしまいます。そのため当院では不定愁訴を訴える患者さんに対して原因を細かく検査することによって顎の動きを阻害している部位や改善法を探しそれに適した治療を行っているのです。

CASE1 噛み合わせが原因の場合

からだの不調の原因が噛み合わせであった場合、マウスピースを作成し患者さん一人ひとりに合わせて少しずつその調整をしていきます。噛み合わせは体調をみながら細かく調整していかなければなりません。わずか数ミクロンの調整で、症状が変わることもあるからです。
さらに一般的な噛み合わせ確認では、歯と歯が合わさる部分だけをチェックしがちですが、当院では、下顎と頭蓋骨、顔面骨が接近する部分、咽頭喉頭等、嚥下に関係する部分、舌の運動、歯と顎の接近する部分等、からだの不調に影響のある顎の動きを阻害させる問題を細かくチェックしていきます。

CASE2 詰め物が原因の場合

歯の治療で使われる詰め物・被せ物には様々な素材が使われていますが、保険適用の詰め物・被せ物は「パラジウム合金」だけではなく、昔詰められた水銀を含有するアマルガム合金もあります。(アマルガムは少しずつ水銀の蒸気を発生し、体にじわじわ悪影響を及ぼします。)また、パラジウム合金は口腔内でイオン化し、詰め物同士で電流が流れるといった問題や、有害電磁波の受信アンテナとしてチタンのインプラントが働くことで、血流障害や生体電気信号の伝導障害等を起こすといった問題があります。また、噛み締めや歯ぎしりが強い患者さんの場合、口の中に噛みしめにより口内炎や、粘膜が傷つきやすく、そこから有害な金属イオンが体内に入ることで、体調が悪くなることもあるのです。
当院では「詰め物の素材」がからだの不調を引き起こしている可能性も考え、一つ一つ不調の原因を探っていきます。もし金属が原因だった場合は、20種類以上の金属サンプルの中から、患者さんの体質に適した生体親和性の保証付の金属やその他金属以外の素材を使用して、詰め物を作り替える事もできるのでご安心ください。


グリーン歯科ブログ
患者さんの声
Facebook
side_tel.png