不定愁訴と歯について

不定愁訴とは

  • なんだか頭が重い・・・
  • 疲れが取れないし、夜も眠れない

このような不調で病院に行くけれども、原因がわからなかったという経験はありませんか?からだに痛みや辛さを抱えているにもかかわらず、検査では何の異常もない。MRIをとってもどこも悪くないと言われたが不安・・・等こうした状態(症状)を「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と言います。

不定愁訴と噛み合わせについて

不定愁訴に悩み、いくつかの病院で診察してもらっても結局原因がわからなかった場合、一度噛み合わせをチェックしてみることをおすすめします。
「からだの調子が悪いのに一体噛み合わせに何の関係があるのだろう…。」多くの人はそのように感じられるでしょう。しかし、噛み合わせの狂いはさまざまなからだの不調の原因となっていることが多いのです。

歯で体が不調になるとは全く考えた事がない為、信じられないと思われる事があるかと思いますが、歯が悪くなった事と体の不調とを時期を重ねて考えて見て下さい。思い当たる事があるかもしれまんせん。

不定愁訴で悩んでいる患者さんは、一度当院へ

当院には不定愁訴を訴えて、さまざまな病院で見てもらったのに症状が良くならなかった人が相談に訪れています。頭痛・肩こり・不眠・腰痛と、どれをとっても日常生活に支障をきたすものばかりですが、どこにいっても原因不明と診断されることがほとんど。しかし当院で噛み合わせを調整したら、症状が軽くなったという人が驚くほど大勢いるのです。
もちろん全てのからだの不調の原因が、噛み合わせにあるわけではありません。とはいえ、例え別の所に不調の原因があったとしても、からだは繋がっているため、噛み合わせを正しく調整することで症状がやわらぐ場合があるのです。

最近特に思うのは顎の動きを抑制する様な所に歯が生えていたり、舌が歯列アーチに収まらない様な状態が顎や舌、首の動きを制限している事が多く見られる事です。それらを改善するようなマウスピースを入れる事により、顎の動きがスムーズに平均化し首のストレッチが出来るようになる事が大きな症状改善のポイントになります。
咬み合わせのチェックの際に体調の変化を感じられる患者さんがたくさんいらっしゃいます。どの病院に行っても改善しないお悩みがある方は、一度当院にご相談ください。

グリーン歯科ブログ
患者さんの声
Facebook
side_tel.png