患者さんの声

2016.12.30更新

本文とは無関係です

●かみ合わせ調整後、マラソン42.195kmを完走できた N.Aさん

私は以前、虫歯治療をしました歯医者さんに、自分の右奥歯を低くしてもらいたいと思い、削る様にお願いしてしまいました。
そのお願いをしたことが誤りだったということは、実際に削った後、体のバランスの不具合を顕著に感じるようになってから気付きました。まずすぐに現れた症状は消化不良でした。
そして、下腹に力が入らなかったり、身体のねじれを感じたり、当時習っていたジャズダンスでも爪先立ちのポーズがふらついて取れなかったり、真っ直ぐポーズをとっているつもりでも曲がっていると先生から指摘を受けることもありました。
そして次第に出てきた症状は、右首後ろ下の血管が詰まった様な感覚でした。
長時間机に座って仕事や読書で集中すればする程、右首後ろ側血管の脈の音が右耳に鳴り響き、うるさく感じることもありました。
その様に首の付け根には常に力が入っており、特に長時間ジョギングをすると、下腹に力を入れて重心を安定させようとしても肩や首ばかりに力が入ってしまい、凝りにより走ることが辛いことも多々ありました。
また、手足の冷えもひどく、時には冷えが進みすぎて気持ちが悪くなることもありました。

 

●長かった治療院探し
その様な中で私はこれまで約12年間、他の歯医者にて削るのみの調整を続けながら、最近では整体にも通って参りました。
身体のバランスは少しずつ改善されたものの、歯の調整は神経近くまできてしみる様になってしまい、これ以上削れないというところまできて、自分でもどうして良いか分からず行き詰った気持ちで居た時に出会えましたのが、グリーン歯科医院でした。

 

●そしてマラソンへ復活
この度、グリーン歯科医院で初めての調整後にまず驚いたことは、ご調整いただいて3週間後に参加したフルマラソン大会で首や肩凝りに悩まされることがなかったことです。
これまで私の最高走行距離は10kmだったにもかかわらず、身体は42.195Km走っても、まるで潤滑油が入ったかの様にスムーズに動くことができたの で、自分でも驚きました。大会では、これまで噛むことのできなかった右奥歯が咬み合わさっているのを感じると共に、それにより右足が自然に上がり、楽に走 れる事を実感しました。お蔭様で、タイムも予想をはるかに上回ることができました。
歯の調整により、これまでは抜けなかった首の付け根の力が抜け、身体全体がより自由に動き易くなったということが、マラソン大会で明らかに感じることができました。


同時にまた一方で、私は調整をして感じていることがあります。
それは、こうして効果を実感した後、身体と頭にその状態がなじんでくると、それまで不自由だった状態が分からなくなり、改善されたことで気付くことのできる次の不具合(かみ合わせの当たりや、体の凝り)が出てくるということです。
結果として不具合が続く様に感じるので不安になることもありますが、今振り返ると12年前と比べ、身体全体の中で以前は抜けなかった余計な力が抜け、今が一番良い状態であることを実感しているので、確実に身体のバランスが良くなっていっているのだと思います。
ただ、感覚だけでは何を頼りに進め、改善を確認できるのか分からないので、どこまで求めていけば良いのか判断ができない、という気持ちは常にありました。
私は伊禮先生の治療で、とても有難いと思いますことは、Oリングによって示される方向性があるということです。
自分自身の気付きや意識だけを基にした治療では、具体的に言えば、もし身体が斜めになっていることでかみ合わせがずれている場合、調整すべき場所は、その時点で当たっている歯ではないことがあります。
実際私は、左奥歯が高く、削ってしまった右奥歯が噛めないことが問題だとこの12年間思ってきたのですが、初回に伊禮先生にOリング判定に基づいて右奥歯 を少し削っていただいた際、その時ありました腰痛(仙骨の痛み)が治り、これまで力の入らなかった足の付け根にも力が入るようになり、その後立つ時の左右 の足にかかるバランスが次第に良くなっていったことで、目から鱗が落ちました。
グリーン歯科医院という、これまで私自身の中で長年悩んで参りました噛み合わせを改善して下さる歯科が存在されることに、大変感謝しております。
ご調整いただくことで正される噛み合わせを、自分の身体が知覚し、確認することのできる様、自分でも運動や体操を行って身体のバランスを感じながら進めて参りたいと思います。

投稿者: グリーン歯科医院

2016.12.30更新

本文とは無関係です

● 奥歯を抜いてから、ひざ痛になった M.Kさん

健康自慢を続けてきた私の体に、変調が現れるようになったのは、ふり返れば奥歯を抜いてからでした。
奥歯を抜いて入れ歯にしてから、なぜか背中が丸まり、ひざ痛に悩まされるようになったのです。
その後、近所にできた内科医院の内覧会で無料健診を受け、高血圧も発覚しました。
そのときの最大血圧は180mmHgで、血管年齢は八十歳との診断です(最大血圧の基準値は100~140mmHg)。
内科医には、「身長157cmで60㌔の体重を、平均体重の54~55㌔に落とせば、高血圧もひざ痛もよくなる」といわれ、毎日できるだけ散歩をするよう心がけました。
しかし、実際に体調が好転し始めたのは、グリーン歯科医院の伊禮祐子先生の治療を受けるようになってからです。

● 思わぬ原因
私が伊禮先生と出会ったのは、二年ほど前のこと。
当時の私は、歯科医に促されるまま奥歯を抜いてみたものの、入れ歯が合わず、歯全体の調子も悪くて、歯科医院を転々とする日々を続けていました。
その末にたどり着いたのが、全身の健康状態を見ながら咬み合せ治療を行う、伊禮先生だったのです。
驚くことに、初診時、伊禮先生は、私が何もいわないうちに、「奥歯が腫れているでしょう」「ひざが痛いでしょう」と、すべての不調を見抜かれました。
背中が丸まっているのもやはり咬み合せが悪いためだそうです。

●口のコリ取りマッサージ
その後、口の中を触診し、筋肉が相当にこっていると指摘されたのにも驚きました。
口の中がこっているなんて、ほかの歯科医には一度もいわれたことがなかったからです。
伊禮先生によれば、私は奥歯がないので周辺の筋肉がこりやすい。
そのため咬み合せが悪くなり、全身に悪影響を及ぽしているそうです。
肩の筋肉と同様、口の中の筋肉も、コリの強い部位ほど痛みを強く感じるそうです。
この、筋肉のコリをほぐす治療が、「口のコリ取りマッサージ」 でした。
コリの部分を指で押さえて刺激し、硬くなった筋肉をほぐしていくのです。
初診時の私は、口の中のどこをさわられても、痛みで縮み上がる状態でした。
それでもマッサージに耐えられたのは、痛みの中にも気持ちよさを感じられたからです。
治療後に顔をさわると、ガチガチにこつていたあごの筋肉が軟らかくなっているのも確認できました。

 

この口のコリ取りマッサージは、通院のたびにやってもらいます。
くり返すことで、コリも生じにくくなってきたのか、徐々にマッサージに伴う痛みは軽くなり、気づくと顔つきまで変わっていました。
なんと、顔のゆがみが取れて左右のバランスが整い、日の下のたるみも目立たなくなってきたのです。
また、丸まっていた背中も伸びて、姿勢もよくなりました。

●あれだけ苦しめられた膝痛もぱったりと
そして、こうして体のバランスが整うと、あんなにつらかったひざ痛もバッタリ起こらなくなり、血圧も下がり始めたのです。
最近は、いつ血圧測定をしても基準値内で安定しており、脳梗塞などの不安もなくなりました。
実際にひざ痛が消失した時期、血圧が下がり始めた時期はよく覚えていません。
確か、伊禮先生の治療を受け姶めて、間もないころだったと思います。
もちろん、咬み合せ調整の効果もあり、歯の状態も良好です。
ちなみに、伊禮先生の治療の中で、口のコリ取りマッサージは、唯一自分でも行えるもの。
私の場合は、先生の手に頼りきっていますが、そのぺースは月に一回、ときには二~三ヶ月あくこともあるのに、歯の調子も体調も良好という事実には、逆にすごさを感じます。
こうして私は、歯や口の中の治療で、全身の健康を取り戻すことができました。
伊禮先生がいわれるように、歯と体は確かに関連していると思います。

 

「口のコリ取りマッサージ」のページへ

 

 

 

(ひとことアドバイス   グリーン歯科医院院長伊禮祐子)
 Kさんは、奥歯を抜歯してから、義歯が合わない状態が続いていました。
実は、こうした状態は口の中のコリを招き、ひいては体の状態まで悪化させます。
しかし、このことはあまり知られていません。
このような人が、日のコリ取りマッサージを行うと、咬み合せも合いやすくなります。
その結果、義歯がらくに入り、正しく使えるようになります。
すると、口のまわりのシワやたるみも、どんどん取れてきます。
義歯が合わないと悩んでいる人は、あきらめずにマッサージを行うようお勧めします。

投稿者: グリーン歯科医院

2016.12.27更新

本文とは無関係です

●歯の治療とマッサージを併用することで非常に改善された  J.Uさん


私が歯と体の関係を知ったのは、数年前です。
第一子の出産以来、体調がすぐれず(片頭痛、肩・首・腰の痛みなど)悩んでいました。
同時に歯の違和感(奥歯が当たらない感じ)も気になっていました。

 

●病院や治療院巡りの日々…

歯と体の諸症状とは、関係ないと考えていた私は、内科(片頭痛)、整形外科、整体(背中の痛み)などを受診しました。
しかし、体の痛みは一進一退で良くなる兆しがありません。その他運動(ストレッチやエアロビクスなど)始めましたが、ストレス解消になっても体の痛みをとることはできませんでした。
インターネットで、「咬みあわせ 片頭痛」と検索をして グリーン歯科にアクセスしました。
ホームページには、「体の不調は歯からきていることもある」と、書かれていました。
何か今までの悩みが解消されるような気がしてすぐにグリーン歯科に電話をしました。

 

●身体の悩みをじっくりと聞いてもらって…

その折、伊禮先生は私の長年の体の悩みをじっくりと聴いていただき、たいへん丁寧に対応していただきましたので、信頼してお世話になるができました。
治療は、Oリングや、筋肉の緊張を取るマッサージやレーザー治療なども平行して行いながら噛みあわせを調整していきます。
毎回、何処の筋肉の緊張が何処に繋がって体の痛みや不調が起きているのかなど納得いくまで説明いただき、現在の治療の進行状況も理解できて安心でした。
治療をし始めて少しずつ体の変化に気づきました。首筋の緊張が取れ 体が軽くなったような感じがしました。
例えば、仕事や旅行などで少し無理をすると 次の日に肩や背中の痛みや頭痛で何も出来ない状況でしたが、治療後は疲れにくく、体の軽さを実感し、感激しました。

患者は、治療方針など医師から十分な説明を受けたうえで、納得して治療を受ける「インフォームド・コンセント」が当然となってきたと聞きます。

しかし、現状では、治療中の違和感や気になることなどは、医師に対する気遣いもあり、また気持ちよく治療を受けたいと考え、本当に言いたい事を黙ってしまうことが多いと思います。
しかし、伊禮先生はすべてを受け入れ 話を聞いた上でその都度治療方針を柔軟に考えていただけるので信頼してお任せしています。
まだ、治療中ですがこれからも健康にいるためにお世話になっていこうと思います。

投稿者: グリーン歯科医院

2016.12.27更新

本文とは無関係です

●咬み合せ調整でウエストのくびれの左右差が治り、1時間以上座ると痛んだ股関節の痛みがかなり改善された F.Wさん

長年、股関節の痛み・肩こりに悩んでいて、色々なマッサージや骨盤矯正を受けていました。
その時は楽になるのですが、また痛みが出ての繰り返し。
特に股関節の痛みは映画館で映画を1本見ることができない位でした。
まだ若いのに股関節が痛いなんて、お年寄りっぽくてイヤだなあと思っていました。
そんな時に伊禮先生を紹介され、家の近所だったこともあり早速伺いました。

●鏡をみてビックリ!
2回目の調整の夜に、入浴後に何気なく鏡を見てびっくりしました。
私の骨盤は、左下がりになっていて、ウエストのくびれの左右差が10cm以上あり、いつもスカートがクルクル回って困っていました。
それが、ほぼ水平になっていたのです。


今まで、骨盤矯正にはいったいいくら使ったのやらといった感じでしたが、こんなに実感する効果はありませんでした。
歯の調整で骨盤が矯正できるとはまったく思っていなかったので、とても嬉しかったです。

投稿者: グリーン歯科医院

グリーン歯科ブログ
患者さんの声
Facebook
side_tel.png